ブログカテゴリ:収益物件



リフォーム · 13日 5月 2019
静岡市葵区川辺町1丁目の区分所有マンションのリフォーム事例を追加しました。 詳細は下記のボタンからご覧ください。

不動産取引実績 · 23日 2月 2019
不動産取引実績ページに静岡市駿河区の収益物件売買(一棟売りアパート)を追加しました。 詳細は下記の実績ページにてご覧ください。 ■収益物件売買実績 https://www.shintomifudosan-s.com/allconsulting/allresult/28/

不動産取引実績 · 21日 12月 2018
不動産取引実績ページに事例を追加しました。 静岡市葵区の収益物件(区分所有マンション)売買。 詳細はコチラから。 https://www.shintomifudosan-s.com/allconsulting/allresult/27/
収益物件情報 · 12日 12月 2018
こんにちは。 新富不動産スタジオの川村です。 静岡市駿河区の収益物件情報を入荷しました! 海に近いエリアですが、木造築15年未満で建物状態も良好な綺麗なアパートです。 全4戸のアパートで、現在満室です(^^)/ 売却理由は現在の売主様がご高齢で資産整理のために売却を希望されています。 販売価格は18,000,000円。 現況家賃収入が月225,000円(年2,700,000円)。 気になる利回りは、15%ジャストです!!! 高利回りです(^^)/ 気になる方は新富不動産スタジオまでページ最下部のお問合せフォームまたは お電話(054-659-4460)までお問合せください! 不動産業者の方は買取のみでお願いしますm(__)m

事故物件 · 08日 12月 2018
こんにちは。 新富不動産スタジオの川村です。 何かと話題の事故物件。 不動産業界にいると時々遭遇するんですよね。 実は今日、仲間の弁護士の依頼で事故物件の査定に行ってきました。 事故物件といっても色々な種類の事故がありますよね。 火災・病死・自殺・殺人などなど。 今回査定を依頼された物件は中でも少し重たい方の事故物件でした。 室内は事故のあった当時のままで、いくら昼間だからと言っても正直人間なので 怖いのが本音。 もちろんご家族の方は色々と複雑なお気持ちですので、そんな様子を見せることは しませんが怖いものは怖いんです(;_;) だって人間だもん(;_;) 今回は色々と状況を整理された中で相続してご売却をされるか、はたまた相続を放棄するか という判断材料としてまずは査定を依頼されました。 もし相続してから売却となったら当然お手伝いさせていただくのですが、事故物件は 中々査定が難しい。 最近は事故物件が面白おかしくインターネット中心に話題になったりするので、気にせず 購入したいという方も少し多くなった印象。 それでも一般的にはそのような物

不動産投資 · 06日 12月 2018
こんにちは。 新富不動産スタジオの川村です。 不動産投資家の皆さん、不動産業者の皆さん。 最近金融機関の融資の状況いかがですか? スルガ銀行の一件があって以降、新富不動産スタジオで収益物件用の融資相談を何件もしているのですが、 実をいうとお恥ずかしながらそのうち承認が出たのがたったの1件・・・ 他のNGとなった理由は以下が主な理由です。 ・自己資金を諸経費分+物件価格の1割以上 ・融資期間の希望年数15年以上に対して結果は耐用年数の残年数のみ ・評価割れにつき自己資金を手出しが条件 ・そもそも金融機関として今は収益物件に融資を出せない ・・・厳しいですよね(=_=) こんなんじゃほとんどの方が物件買えませんよね。 もちろん金融庁対策ということはじゅうぶんに理解できるのですが、それにしても厳しいですよね。。 不動産投資家の方々が融資が出ないことによって物件が買えない状況ももちろん厳しいですが、我々不動産業者にとって 収益物件の売買は取引金額が大きいので報酬も多く魅力的なマーケットです。 ここのところ、地場の売買仲介会社や首都圏の収益物件売買会社

資格 · 19日 11月 2018
こんにちは。新富不動産スタジオの川村です。 先週金曜日から久しぶりの出張で東京へ行ってきました。 メインイベントは年に一度の資格試験である「賃貸不動産経営管理士」の受験。 創設してまだあまり時間も経っていない資格ですが、近年高まる賃貸管理の重要性にフォーカスし 徐々に受験数も増え、賃貸管理業者の登録制度も出来、その中でも資格保有者の設置義務もつくられました。 簡単に言うと賃貸管理の業務における宅地建物取引士のような資格であり、まだ国家資格にはなっていないものの 近い将来国家資格に格上げされるのではとまことしやかに言われている資格です。 新富不動産スタジオは、主業務が不動産売買ですが、収益物件(賃貸マンションやアパートなどの賃貸用不動産)を 取り扱うこともあり賃貸管理を依頼されることもあります。 決して管理が主業務になることはないのですが、収益物件売買の中でもこのような資格を有していることでクライアント様に 安心を提供できる場合もあるので取得しようと考え、11月18日に試験に臨んできました。 結果としては40点満点中29点。。。 ・・・どうなんだ?

不動産売買 · 12日 11月 2018
こんにちは。新富不動産スタジオの川村です。 突然ですが、不動産を所有されている皆さん、火災保険をしっかり活用していますか? なぜ突然こんなことを聞くかというと、今新富不動産スタジオで売買のお手伝いをしている静岡市の一棟売りアパートがあるのですが 建物調査をしている際に外壁にへこみと割れが見つかったからです。 現地調査をした結果、売主様に外壁が傷ついている旨を伝えると火災保険に加入されているものの、自分の費用負担で修繕を しようとされたので火災保険会社に問い合わせをしてみたらどうでしょうか?とお伝えし、保険会社にご連絡していただいた ところ保険でおりますという返答でした。 静岡県でも大きな被害を残した今年の台風ですが、時系列から推測するとおそらく台風の影響による損傷です。 もし保険を使わずに修繕してしまったら全額売主様負担となってしまうところだったので、売主様からは非常に喜んでいただけました(^-^) 建物と火災保険は切っても切れない関係。 でも入っただけで使いどころがわからず、結果保険請求できずに宝の持ち腐れとなってしまっているケースも時々見受けられます。

不動産ニュース · 11日 11月 2018
こんにちは。新富不動産スタジオの川村です。 今日は休みをいただいていましたが、ちょっと仕事があったのでついでにブログを一つ。 ここのところ、建築業界・不動産業界ではいいニュースもありますが、悪いニュースも多いですよね。 最近話題となったものとしては積水ハウスの「地面師詐欺」や、スマートブルーとスルガ銀行の「かぼちゃの馬車」が世間の大きな話題となりましたね。 そんな中でアパート建築の大手のレオパレスが、いわゆる施工不良で施主から提訴されてた事件も話題にはなりましたが、レオパレスが9日に発表した2018年9月中間連結決算は、純損益が58億円の赤字(前年同期は94億円の黒字)。 アパートの施工不良の補修に伴う引当金など特別損失が拡大したことが響いたようです。 施工不良物件の調査や補修費に加え、補修は終わるまで入居者募集を停止しており、賃料収入(レオパレスの場合サブリース賃料ですね)減少となったそうです。 また新築アパート融資が鈍化したことで、建築の新規受注が減ったのも痛手のようです。 レオパレスの件をご存じない方のために、どんなことがあったか簡単にご説明すると、施主の男

不動産売買 · 10日 11月 2018
こんにちは。新富不動産スタジオの川村です。 今日は暑かったですね(^-^) もう11月というのに半袖でもいいくらいの陽気! 季節外れの暖かさも時々はいいものですね! さて、今日は売却のご依頼をいただいている土地の件で焼津市の売主様のもとへ訪問してきました。 というのも買付証明書(購入申込書)をいただき、その条件交渉にいってきました! 今回の買付内容は、売り土地で古屋が建っているのですが既存建物を解体せず現況での売買を条件とするものでした。 また測量についても本来は売主様負担ですが、買主様が費用負担をするというもの。 その分売買価格を下げてほしいという内容で買付証明書を受領し、本日条件交渉。 結果はまだ出ず、一度売主様のご家族でお話合いになられてからお返事をいただくこととなりました。 解体や測量の費用を売主様が負担せず現況売買という条件は非常に魅力的ですが、金額が少しお安いとのことで売主様へお預けしてきました。 売主様も売却の希望額、希望手残り金額の目線があるので、即決できないのも当然。 もちろん仲介会社の立場としては売主様のために少しでもいい条件のお話

さらに表示する