カテゴリ:仲介業者



不動産投資 · 06日 12月 2018
こんにちは。 新富不動産スタジオの川村です。 不動産投資家の皆さん、不動産業者の皆さん。 最近金融機関の融資の状況いかがですか? スルガ銀行の一件があって以降、新富不動産スタジオで収益物件用の融資相談を何件もしているのですが、 実をいうとお恥ずかしながらそのうち承認が出たのがたったの1件・・・ 他のNGとなった理由は以下が主な理由です。 ・自己資金を諸経費分+物件価格の1割以上 ・融資期間の希望年数15年以上に対して結果は耐用年数の残年数のみ ・評価割れにつき自己資金を手出しが条件 ・そもそも金融機関として今は収益物件に融資を出せない ・・・厳しいですよね(=_=) こんなんじゃほとんどの方が物件買えませんよね。 もちろん金融庁対策ということはじゅうぶんに理解できるのですが、それにしても厳しいですよね。。 不動産投資家の方々が融資が出ないことによって物件が買えない状況ももちろん厳しいですが、我々不動産業者にとって 収益物件の売買は取引金額が大きいので報酬も多く魅力的なマーケットです。 ここのところ、地場の売買仲介会社や首都圏の収益物件売買会社

不動産ニュース · 17日 10月 2018
おはようございます。 新富不動産スタジオの川村です。 昨日はサッカー日本代表が、先のロシアワールドカップでもベスト8、現在FIFAランキング5位の南米の強豪ウルグアイに4対3で勝利という非常に嬉しいニュースが飛び込んできました(*^^)v ロシアワールドカップメンバーと、惜しくもワールドカップメンバーからは外れた中島翔哉・南野拓実・堂安律といった新時代を担う超有望株とうまく融合し、世界にも引けを取らないサッカーを披露してくれたので、今から日本のサッカーが楽しみでしょうがないですね!!! さて、そんな明るいニュースの一方、不動産業界には衝撃的なニュースが! 今年8月に、不動産業界の雄である住宅メーカー最大手の一つ「積水ハウス」が、東京・五反田の土地取引をめぐって詐欺にあい60億超をだまし取られたというニュースを覚えている方も多いはず。 そのニュースの中で「地面師」というワードを聞いたことのある方も多いですよね? その「地面師」グループのうち8人が逮捕されたというからびっくり!!! さらにびっくりしたのは、その詐欺グループに関わった人数と役割分担の緻密さ。 不動産の

不動産投資 · 09日 7月 2018
先程新富不動産スタジオの保有する賃貸物件が全物件満室となったことをご報告させていただきました。 ついでに満室経営のために新富不動産スタジオが行っているリフォームについて少しだけ紹介させていただきます(^-^) このブログの中でも何度か書いてきましたが、不動産投資は物件を取得することが目的ではありません。 本来の目的は「お金を生み出すこと」ですよね。 不動産を保有しながらお金を生み出すには、その不動産を借りてくれる人を見つけるしかありません。 しかも長く借りてもらう不動産でなければいけませんよね? 新富不動産スタジオが行っている不動産賃貸業・不動産貸付業は今のところ全て居住用物件です。 ということは全て人が住むための不動産なのです。 もしあなたに住むための賃貸物件を借りるシーンに遭遇したら、どのような物件だったら借りたいと思いますか? また長く住みたいと思いますか? 「快適なお部屋」「日当たりのいいお部屋」「セキュリティのしっかりしたお部屋」「安いお部屋」などなど、人それぞれ色々な答えをもっているかもしれません。 ただ、誰もがボロボロの部屋や何の変哲もないご

賃貸経営 · 09日 7月 2018
おはようございます。 今日は朝から晴天! 1週間の始まりの月曜日が晴天というのは気持ちがいいものですね! 暑いですが清々しい(きよきよしいじゃなくすがすがしいですよ(笑))一日の始まりです! 今日は朝方、今年初めてのセミの鳴き声を聞いて目覚めた新富不動産スタジオの川村です。 さて、先日入居募集をしていた区分所有のマンションに入居申し込みをいただきました。 入居開始は8月1日からなのでまだ20日ほど時間がありますが、これをもって保有している賃貸物件が3か月ぶりの満室となりました(*^^)v 入居募集でご協力いただいた不動産業者様・仲介業者様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げますm(__)m 7月11日には新たに購入する収益物件の残金決済・引渡しがあります。 いいペースで物件取得ができており、また様々な不動産業者様のご協力を賜りながら入居状況も高稼働を続けています。 4月末で一度に2物件同時に退去した際には正直厳しいと思ったこともありましたが、1部屋は空室期間1か月で入居が決まり、もう1部屋も約3か月で入居決定です! 不動産投資・賃貸経営は、購入時に満室に近

売買契約 · 21日 2月 2018
Perfume聞いています。YoutubeでPerfumeのミックスリストを聴きながらブログを書いていると、時々違うミュージシャンの曲が流れてくる・・・なんでだ!? こんばんは。新富不動産スタジオの川村です。 今日、日ごろ仲良くさせてもらっている不動産業者仲間と情報交換でコメダ珈琲へ。 お互いの物件情報や購入希望情報の交換を定期的に行うのですが、今日はそんなことより衝撃的な書類を見せてもらいました・・・ 不動産を売却・購入する際には、重要事項説明というものを買主に対して行うという宅地建物取引業法の規定があります。 不動産売買契約書とともに、重要事項を説明するための重要事項説明書という書類がいわゆる契約書類となります。 重要事項説明書には、不動産の表示や法令制限、ライフライン、取引条件、融資についてなどなど、不動産購入の最終の意思決定をする前のその対象不動産についての名前の通り重要な事項が多く記載されており、宅地建物取引士が契約に前もって説明をするという義務があるのです。 取引の当事者にとって、不動産は非常に高額な取引となるので、重要事項の説明は非常に大事なことで