資格

資格 · 15日 2月 2018
簡単に受かると思って全く勉強をせず臨んだ資格試験に落ちました( 一一) けっこう落ち込んでいます・・・ 新富不動産スタジオの川村です(-.-) ここのところ、様々な知識を身に着けたいと思い、色々な分野の資格取得に励んでいます。 不動産業界人なので、やはり不動産取引に必要な資格として基本中の基本でありながら、結構難しい「宅地建物取引士」(いわゆる宅建)は10年前に取っていたのですが、より実務的に有効な資格が欲しくて、ここのところ「住宅ローンアドバイザー」「相続診断士」を続けざまに取得! その勢いで日本で唯一の不動産投資に関する資格である「不動産実務検定1級」(通称「大家検定」)を取ろうと思い立ち、今日わざわざ掛川まで試験を受けに行きました。 結果は前述の通り・・・「不合格」(-.-) 50点満点中35点合格のところ、31点という惜しいような惜しくないような微妙な結果に・・・ 不動産実務検定とは、アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家が不動産投資のプロとして活躍するための資格であり、2級では賃貸管理や運営に関する知識・技能、1級では不動産投資や土地活用似関する